気に入らない、いらない脂肪だけ確実に減らそう!

どんな人が脂肪溶解注射をするべき?

脂肪溶解注射、別名メソセラピーは、特殊な薬剤を注射することで、いらない脂肪だけを溶かして分解してしまう方法です。注射だけでできる部分痩せとして人気を集めています。ダイエットをしていると、まずほとんど脂肪でできている胸から痩せる人が多いですよね。減らしたくない脂肪はちゃんと残したまま、気になるところだけ狙って部分痩せしたい人にぴったりの方法といえます。脂肪吸引をしたくない人や、少しだけ脂肪を減らしたい人、それからダイエットだとリバウンドしやすい人にもおすすめの方法です。

分解した脂肪はどうなるの?薬剤は安全なの?

注射で溶解・分解された脂肪は、体内から自然に尿などと一緒に排出されます。脂肪溶解に使われる薬剤も同様です。体の中に余計なものが残留することはないので、安全性の高い痩身法なんですよ。治療に用いられる薬剤は、フォスファチジルコリンが主に使われています。これはレシチンの中に存在している成分で、卵黄や大豆などの食品から作られるものです。善玉コレステロールの成分でもあります。基本的に安全性の高い薬剤として知られているので、身体の中に入っても大丈夫です。脂肪溶解注射は、脂肪が多くついているところなら、ほとんどすべての箇所に使用できます。お尻や太もも、お腹などの脂肪を大量に減らしたいなら、脂肪吸引の方が適しているので、よくドクターと相談してくださいね。余分な脂肪がなくなると見た目もスッキリしますし、身体のめぐりもよくなっていきますよ。

脂肪溶解注射なら、気になる部分の脂肪細胞を溶解し、消滅させることができます。セルライトにも効果が期待できます。