審美歯科業界で話題沸騰!セレック治療とは何なのか

セレック治療の概要を把握しよう

最近審美歯科業界では、「セレック治療」というものがブームになりつつあります。これは、オールセラミックスの被せ物を専用のマシンで自動的に作ってしまう治療法のことを指します。コンピューターで精巧な計測をして、患者さんの口に合ったオールセラミックスの被せ物を、歯科医院の中で一時間ほどで作ることができるというシステムになっています。今までは、被せ物を作るときには別途歯科技工所というところに依頼をして、職人さんに手作業で作ってもらうしかなかったのです。その手間が、セレック治療ならまったく必要なくなりました。コンピューターで計測したそのままの理想的な被せ物を、歯科技工所に行くことなく歯科医院の中で作れてしまうのです。

この治療法にはメリットがたくさん

この方法なら、人件費がほぼ丸々カットできるので、リーズナブルな価格で被せ物を作ることができます。いちいち歯科技工所に行く必要がないので時間の無駄も発生しません。その場で被せ物を作り、その場で合わせることができるので、一回の通院で治療のすべてを終了させることもできるでしょう。安くて早くて、しかも頑丈だという点も評価が高いです。15年後の残存率が9割を越えているので、長く使い続けることのできる被せ物を手にできます。この方法は弱点がほとんどありません。メリットは多いのに、デメリットらしいデメリットは見つけられません。歯科医医院によってはできないことがある、という点ぐらいがデメリットでしょうか。

セレックは、セラミック製の素材を使った歯の詰め物治療、またはその治療材料を指す言葉です。審美性に優れているうえ、歯型を取らずにコンピュータで成型するため治療期間が短くて済みます。