どんな時に脱毛を考える?無駄毛の悩みをご紹介

無駄毛の濃さは悩みの種

女性には色々な無駄毛の悩みがあり、それぞれの悩みから様々な脱毛を健闘する人が多いようです。

そんな無駄毛の悩みの中のひとつに挙げられているのが、「無駄毛(体毛)の濃さ」です。女性の体毛は男性と比較すると薄くなっているのが一般的なのですが、明らかに目視できるほど濃い人も中にはいます。そのような人にとって無駄毛が人目に触れてしまうのは恥ずかしいですし、無駄毛が濃いと認識される事自体苦痛だと言う人も少なくありません。

手が届かない部分の無駄毛の処理

基本的に自分で手が届く範囲の無駄毛であれば自分で処理できるのでそこまで悩みはない人もいるのですが、例えば背中やうなじ、陰部など手が届かない部分の無駄毛は一度気にしてしまうと悩みの種になってしまう人が多いです。特に陰部の場合はパートナーとの性行為で直接目に触れてしまう場所ですし、無駄毛が処理できていなかったり濃いままでパートナーに引かれたくないと悩む人もいます。

ですが手が届かない部分は自分で処理できませんし、陰部の届く範囲を処理しようとしてもザリザリしてしまったり色素沈着を起こしてしまって余計恥ずかしい状態になってしまうのも悩みのひとつなのです。

自己処理時の怪我や色素沈着

そして脱毛サロンの利用の検討をするきっかけとして意外と多い悩みが、自己処理をしている最中にやってしまう怪我や色素沈着です。

カミソリなどを使うのはもちろん、ほかの方法でも肌に負荷をかけてしまうためどうしても肌トラブルを起こしやすくなってしまうのが自己処理をする際の大きな問題です。特に肌が弱い人はなかなか自分で脱毛できませんし、家庭用脱毛器も高くて購入を躊躇する人も多いのでどうすればいいのかわからないと頭を抱えてしまう悩みとなっています。

医療脱毛は、レーザー脱毛の事を指し、医師が施術します。そのため他の種類の脱毛より効果も高く、人気があります。