脱毛するならどちらがいい?クリニックとサロン

重要なのはマシンの違い

よく、「プロの脱毛処理を受けたいが、クリニックとサロンのどちらを受けたらいいのか分からない」という声を聞きます。

実は、脱毛の基本的な原理についてはクリニック、サロンのどちらもそれほど変わりません。ただ、使用する機器に大きな違いがあります。これによって、費用や効果についても差が生じることとなっています。

医療機関だけができるレーザー脱毛

まず、クリニックが主に使用している脱毛機器は、レーザー脱毛機と呼ばれるものです。これは、医療用のレーザーを肌に照射することで毛根やその周辺組織に熱でダメージを与え、再生能力をなくすというものです。極めて高い効果があり、いわゆる永久脱毛も可能です。医師の監督のもとに施術を行うので、安全面においても高い水準にあります。

光脱毛は手軽さが特徴

一方、多くの美容サロンで使われているのが、光脱毛機と呼ばれるマシンです。これは、組織を熱エネルギーで破壊するという点ではレーザー脱毛と同じですが、レーザー光の代わりに白色ランプの光を使うという点が異なります。レーザー脱毛に比べると広い範囲をまとめて処理できるという利点があります。ただ、開発されてからの歴史が浅いため、永久脱毛の効果は謳われていません。

医師がいるかいないかも重要

機材の違いもさることながら、クリニック脱毛とサロン脱毛では、医療機関で行われるかそうでないかという根本的な違いがあります。脱毛処理はそれなりの痛みを伴いますが、クリニックの場合は医療機関であるため、必要に応じて麻酔の使用が認められています。ただし、その分費用はかかります。これに対してサロンでは麻酔を使うことができませんが、もともと光脱毛はレーザーに比べて効果が弱い分、痛みも軽いという特徴があります。

全身脱毛とは、身体に生えているすべての毛を脱毛することを指します。脱毛サロンなどで行うことができます。